葉酸は妊娠初期にこそ摂取すべきです!

現在2歳近くになる子供がまだお腹にいた時、必死に葉酸を摂取しようとしていたことを思い出します。

「出産ギリギリまで摂取しておいた方が良いだろう!」と勝手に思い込んで結局出産前日まで飲み続けてしまったのですが、後から調べると妊娠後期の方は逆に葉酸を摂取し過ぎない方がよかったそうです…

逆に妊娠初期、むしろ妊娠する前から葉酸を摂取しておくことが大切だったそうで今更ながら反省しています。

妊婦は葉酸を一日0.4mg摂取しなければいけませんが、食べる物だけからこの量を摂ることは不可能に近いものがあります。
だからほとんどの妊婦さんが葉酸サプリを飲んでいるのですよね。

「葉酸」はDNAの合成に必要な栄養素です。ですから、妊娠中に「葉酸」を摂取することは赤ちゃんの発育を助ける効果があります。妊娠中の女性や妊娠を考えている女性は積極的に「葉酸」を摂取することを考えるべきです。「葉酸」の働きは赤ちゃんの発育だけでなく健康にも影響しますので、妊娠していない女性や男性にも効果があります。 「葉酸」はタンパク質の合成を助ける働きも持っています。また、「葉酸」はビタミン12と共に赤血球を作る働きも持っています。 葉酸が不足するとタンパク質の新陳代謝の低下や、貧血の原因になります。出産した後の女性も、一仕事終わったからと安心しないで継続的に「葉酸」を摂取して「葉酸」を不足させないようにしないといけません。その後の育児や授乳のためにも、「葉酸」を摂取して健康状態を整えるべきです。
参考:話題の葉酸とは? | 葉酸サプリセレクト!

私は妊娠中に貧血を起こすことが多かったので「葉酸+鉄」というサプリメントを飲んでいました。

私は一度流産を経験しているのですが、葉酸が流産の予防にもなるという記事を読んでからは藁にもすがる思いで飲み続けていました。
胎児の体の育成に必要な栄養素であることはもちろん、無脳児の予防にもなる葉酸。

妊娠を希望されている方は、今から意識して葉酸を摂取しておくことをオススメします。


お腹で成長する赤ちゃんのために

私のお腹には今、成長している赤ちゃんがいます。そしてその赤ちゃんのためにも、とても大事なのは葉酸だったのです。

妊娠初期は、人間の成長にとって最も大切な時期なのです。
だからこの妊娠初期には、この葉酸が欠かせないのです。葉酸の需要量が最も高くなるのです。いつもよりも、もっと大目に葉酸を摂取しないといけないのです。
食品でいうと、大好きな枝豆やオクラにも多く含まれています。
そしてウナギにいくら、うににも含まれているのです。でもこれらを必ず食べるなんてできないのです。
なかなか難しいのです。そんな時知ったのがサプリです。
今はいろんなサプリがあります。鉄分のサプリも、ビタミンのサプリも何でもあります。その中に葉酸サプリもあったのです。

だから私は、この葉酸サプリを買ったのです。この葉酸サプリで無理せず、欠かさずに摂取しようと思ったのです。それが私にできる事だと思ったのです。

一番はお腹の赤ちゃんのためなのです。