葉酸は妊娠中に不可欠なビタミンです

葉酸は、ほうれん草の葉から発見された健康に必要な栄養素です。
細胞生産や再生を助けてくれる、水溶性のビタミンの一つです。
赤血球の生産を助けるビタミンでもあります。

細胞の生産を助けてくれるビタミンなので、
新しい細胞が作られる、赤ちゃんのの栄養に不可欠な栄養素と言えます。
そのため、妊娠時期や授乳時期はより多くの葉酸を摂取することが
おすすめです。

さらに妊娠前や初期の段階から葉酸を摂取する事で、生まれてくる赤やんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすこともできると言われています。

葉酸はほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、レバーや豆類などに多く含まれています。

ただ葉酸は水・熱・光に弱いため、調理することで栄養が失われてしまうことが多いので摂取方法を考えないといけません。

葉酸は水溶性の為、多少多めに摂取しても尿中に排出されてしまうので
サプリメント等で摂取することもおすすめします。

過剰に摂取すると亜鉛の吸収が阻害されてしまうことがあるので、サプリメントで摂取する場合は摂取量を守ることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>